小児歯科

乳歯は永久歯に比べエナメル質が薄くむし歯は早く進行します。
また、生えたての永久歯は未成熟なためむし歯に対する抵抗力が弱く乳歯から永久歯への交換期は磨き残しが生じやすくなるのでむし歯になりやすい時期です。
食べたら磨くという歯磨き習慣や間食のとり方などの生活習慣の指導、親御さんや当人へのブラッシング指導の他、フッ素の塗布やシーラント処置などもしていきます。
当院では早期発見・早期治療を行うために大人と同じく定期的に通われることをお勧めします。
歯並びやその他心配なことがありましたら気軽にご質問ください。

<シーラント>

シーラントとは、歯を削らずに歯の溝を封鎖してむし歯の発生を予防する処置です。

●奥歯の噛む面の溝は深く、なかなか歯ブラシでもお掃除が行き届かないためむし歯になりやすい場所になります。

●この溝にプラークや食べかすが入り込まないように、樹脂の材料で埋める治療がシーラントです。

※むし歯にならない訳ではないので、しっかりブラッシングを行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました