歯科口腔外科

口腔外科とは、むし歯や歯周病以外のお口の中の疾患を外科的な方法で治療します。

粘膜の病気(口内炎など)や歯根の先にできた嚢胞の除去、顎の不具合(顎関節症)など幅広く診ており一般的には親知らずの抜歯を行うことが多いです。

親知らずの抜歯は難しい埋伏歯なども対応しており、その他必要があれば大学病院などにも紹介しています。

*埋伏歯

歯ぐきの下に埋まって隠れている歯(親知らず) のことです。

上記の完全に埋まっている歯とは違い、こういった一部分だけ頭が出ている親知らずの場合はなかなか清掃が行き届かないため歯ぐきが腫れたり、手前の歯と接触している所が知らないうちにむし歯になっていたりとトラブルが起こりやすくなっているため抜歯を必要とする場合が多いです。
タイトルとURLをコピーしました