きょうどう歯科の感染予防対策

きょうどう歯科の感染予防対策きょうどう歯科

安心して治療においでください

昨年1月、新型コロナウイルス感染症が国内で初めて確認されて1年以上経過しました。

その後は、他の国々に比べれば穏やかではあるものの日本中に蔓延し、生活全般にわたり制限を余儀なくされています。
そして今でも終息の道筋は見えていません。
コロナ禍の中で新しい生活様式を見出していくしかないのかも知れません。

みなさんのお口の健康は保たれているでしょうか?
メインテナンスにはおいでいただいているでしょうか?

きょうどう歯科の4つの歯科院所では日頃から感染予防には力を入れています。

歯科の現場では新型コロナウイルス感染症が流行する前から、感染予防には注意を払ってきました。
B型肝炎、エイズ、ノロ、インフルエンザなど、いろいろな感染症に対して、患者さんと私たち医療従事者が感染しないように努力をしてきた歴史があります。
歯科といえども虫歯を治すだけではなく感染症と闘ってきたのです。

私たちは通常時でもスタンダードプリコーション(標準予防策)と呼ばれる基準に基づいて感染対策に取り組んできました。
これは、すべての患者さんに何らかの感染症の可能性があるとして、特定の患者さんだけではなく、すべての患者さんに同じように感染対策をするという予防策です。

具体的には歯科の器具、器材で、お口の中に入れて使うものはすべて滅菌をしています。
診療台(ユニット)は消毒薬で清拭し、テーブルやライトはラップでカバーしています。私たちは使い捨ての手袋、マスクを着用しています。
さらに加えて、コロナ対策として、窓を開けて換気を良くしています。また患者さんには毎回検温をお願いしていますし、入り口と受付には消毒用アルコールを置いています。

私たちはフェイスシールドも積極的に活用しています。
それでも残念ながら100%感染を防ぐことはできませんが、少しでも安心しておいでいただけるように努力しているところです。

新型コロナウイルス感染症が、普通のインフルエンザと同じように対応できるようになるためには、安全なワクチンや治療薬の開発と普及が必要です。
しかしまだまだ時間がかかりそうです。

お口の健康管理、メインテナンスは、それまで待ってはいられません。

感染に注意しながら、ご一緒にお口とからだの健康を守っていきましょう。

 

医療法人社団「きょうどう」理事会

タイトルとURLをコピーしました